第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
 第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話
 第21話第22話第23話
犬のしつけ‐TVチャンピオン 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座
1日数度のチャート・チェックでOK! シンプルで強力なFXデイトレード手法のご案内

ヒーローズ/HEROES 第7話 「偽り」/Nothing to Hide ネタバレ強

キャラ別に(おおざっぱに)整理してます。なおネタバレを含みますのでご注意ください。
今回はミスターベネットとアイザックはお休み
ピーター
ピーターはシモーネの父を看護していて、彼の目の前で飛んで見せた。
と思ったら夢から目が覚め、シモーヌが父が死んだとやってくる。
ピーターとシモーネはアイザックのアトリエに行くが、突然引っ越したらしく絵もなくなっていた。
ピーターは「その絵があれば世界を救える」とシモーヌに告げると絵はラスベガスのリンダーマンに売ったと教えてくれた。

クレア
クレアの家にザックが慌ててやってくる。
クレアが自殺未遂してる例のテープが見つかったのだ。
部屋中なんども探したけど見つからなかったのにひょっこりベッドの下から出てきた。
クレアはザックをどつきつつも安心しテープを隠すが、弟のライルが見つけてテープを見てしまう
こっそり見ていたら慌ててクレアがやってきた。
「素人の特殊効果よ」と弁解するが、ライルはクレアの手にホッチキスを刺してしまう。
痛がるクレアだがツバをつけたら傷が治った。
ライルはあっという間に傷が治る姉を見て気味悪がって家を飛び出し車の中に立てこもってしまう。
クレアとザックは車内に閉じこもったライルを説得するが「Youtubeに投稿して100万ドル稼ぐんだ」と言うことを聞かない。
クレアは「家族が壊れちゃう」とお願いしたらテープを返してくれた。
クレアとライルはちょっと複雑な表情。
ザックだけはその場の空気が読めていない。

ニキ
ニキは目を覚ました。とりあえずケガはない。
いつもの友達にDLマイカを連れて行ったこと、もう一人の私がいることを話すが信じてもらえず。

マット
マットは相変わらす奥さんとご機嫌。
自分の能力の話をしようとしたら「この人知ってるんだわ」と心の声を聞いてしまった。
マットはオドオドしながら仕事へ。

警察署のロッカールームで着替えていたら、FBIのオードリーが「サイラーが人を殺した」とマットを連れ出す。
サイラーの9人目の犠牲者はガン専門の医者。
死体は丸焼け、しかも1800キューリーの放射線が検出された。
しかし現場には放射線源がない。
手がかりは骨に残った指紋
指紋の照合結果、セオドア・スプレーグ(テッド・スプレーグ)という男がサイラーらしい。
マットは彼に近づき頭の中を覗くのが任務ということ。

二人はテッドの家に向かう。
しかし、サイラーだというのにオードリィは援護要請していない。
オードリーは絶対サイラーを捕まえてやると意気込んでいる。
家は留守、部屋は荒れていてあちこち焦げている。
奥の部屋は1800キューリーの放射線が検出された。
マットは、今回の殺人にサイラーは関係ないと思う。
彼は部屋で見つけた抗ガン剤の袋から被害者のガン専門医がテッドの妻に処方した薬だとオードリーに説明。

二人はテッドの妻が入院している病院に向かう。
テッドは医者殺しを認めたが、興奮していて看護師を人質に取った。
そのときマットはテッドの妻の心の声を彼に伝える。
おとなしくなったテッドは、マットから妻の死に際の最後の言葉を聞く。
人質の看護師は腕に火傷あと。
テッドは全身から放射能を放出する能力があるようだ。
すぐにFBIに連行される。

マット再び警察署のロッカールーム
同僚から「FBIの捜査を手伝いテッドを捕まえたのでオードリーがFBIの再テストを受けれるよう段取りしてくれた」と教えられる。
しかしマットは妻の浮気相手が彼だったと能力で知り鉄拳制裁。

ネイサン
ネイサンは、母親から「今日、新聞記者をブランチに呼んだ」と聞かされる。
「家族を政治に利用するつもりはない」とネイサンは嫌がるが、妻のハイディは「4ポイント挽回するため私も外に出て力になりたいの」という言葉に同意する。
ハイディは車イス生活をしている。
1時間後、新聞記者がやってきて家族みんなでブランチ。
そこへ、ピーターがやって来たが、何も聞かされてないしお呼びでない。
ネイサンは「おまえは選挙の邪魔だ」とピーターを追い返そうとする。
ピーターは「リンダーマンが買った絵を手に入れて欲しい」と兄に頼むが聞いてくれないので「テラスから飛ぶぞ」と脅す。
そして勝手にブランチに加わった。

新聞記者は、ネイサンにマフィアのリンダーマンとの関係を聞き始めた。
ラスベガスでのことをスクープにしたいらしい。
しかし、ピーターが「僕の心の病は知ってるでしょ。それで僕は仕事も辞めた。兄は家族にも内緒でべガス郊外のクリニックの女医の所に話に行ってくれた」とネイサンを助けた。

ブランチの後、ネイサンは絵のことでリンダーマンに電話する。
その後、ピーターのアパートに行き「絵は諦めろ」と忠告した。

ヒロとアンドウ
交通事故現場に遭遇、偶然DLとマイカも現場にいた。
車に取り残された女性を助けようと、DLは”マジシャンのセロ”みたいに手が窓ガラスを貫通してドアを開けた。
DLは女性を引きずり出す前にガソリンに引火し爆発。
ヒロは時間を止めて危機一髪。
でもDLと女性を運び出すのに「怪力もあったらよかったのに」と独り言。
DLもマイカもなんで助かったかわからないが、ヒロとアンドウくんはガッツポーズ。

ヒロがマイカに、未来の "9th Wonders" を見せて説明してあげる。
マイカは「ママに会いに来た人?」とアンドウくんに気づく。
だが、事故を警察に通報していたため、DLとマイカは急いでその場から立ち去った。
マイカは「パパはヒーローみたい。帰ってママも助けて」というが「ニキの所には帰れないと」と諦めさせる。

再びニキ
ニキは「夫に息子を取られたの。他に頼れる人がいなくて」とネイサンに電話する。
しかしネイサンは家にいて妻のハイディがやって来たので慌てて切る。
ニキはブチ切れ電話を鏡に投げつけるとジェシカ登場

マイカ
マイカ故障中の公衆電話からニキの携帯に電話
相手はジェシカだった。
マイカにはママじゃないとわかったが「問題が片づくまでママは戻れない」というジェシカに渋々DLと泊まっているモーテルを教えてしまう。




全米で社会現象を巻き起こした大ヒットTVシリーズ第3巻。仲直りしたヒロとアンドウは、N.Y.を目指そうとするがまたまたベガスで足止めに。一方、自分の力の謎を知りたい一心のクレアは、生みの親との再会に臨む。第6話「分身」と第7話「偽り」を収録。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。