第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
 第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話
 第21話第22話第23話
犬のしつけ‐TVチャンピオン 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座
1日数度のチャート・チェックでOK! シンプルで強力なFXデイトレード手法のご案内

ヒーローズ/HEROES 第10話 6ヶ月前 (Six Months Ago) ネタバレ強

半年前の話ですね。
超能力者の過去の話、とりわけサイラーがなぜ殺人鬼になったのかがわかります。

ヒロ
昨日にタイムスリップしたはずが、半年前の4月26日、チャーリーの誕生日に飛んでしまったヒロ
アンドウくんが第9話で見つけたツーショット写真は、チャーリーの誕生パーティーのときのものだった。

ヒロは勤務先のヤマガトインダストリーに電話したら、電話口に自分が出てきて「やってもうた」と思わず電話を切った。

なぜかヒロは店で働いている。
ヒロはチャーリーを助けたいため自分の能力をいろいろ見せるが、彼女は「素敵なマジックね」と全く信じてもらえない。

翌日、ヒロはチャーリーに「日本の伝統に折り紙っていうのがあるんだ。」というと
「それで鶴を1000羽つくると願いが叶うって本に書いてあった」とチャーリー。
ヒロは目をつぶってプルプルほおを震わせると、店の天井から折り鶴が一羽ずつたくさん吊るしてあった(千羽鶴のつもり?)
「信じなくていいから日本に行くって言って・・・」とヒロは航空券をチャーリーに渡す。

ヒロとチャーリーはデート中。
舞い上がってるヒロに、チャーリーから 自分は脳血栓があり長くは生きられない と告白され、ショックを受ける。
チャーリーはあなたに会えてよかったってカンジで「ヒロ、アイシテル」とキスシーン。

次の瞬間(ヒロの唇アップ画像)会社の屋上に瞬間移動。
チャーリーのところに戻ろうとするが能力発揮できず・・・

テキサスの店で待つアンドウくんのところにやっとヒロが帰ってきた。
彼はバスでやってきたという。
「未来にも過去にもテレポートしたけど、過去を変えられない。俺は失敗したんだ」とすっかり自信をなくしてしまった。

サイラー(ガブリエル・グレイ)
半年前のブルックリンでは、凄腕の時計職人ガブリエル・グレイのもとへモヒンダーの父チャンドラが訪問してくる。
ガブリエルは、チャンドラの腕時計を耳にあて、2秒遅れていると直してくれる。
「自分には物の仕組みや部品の配置がわかるという能力がある」というガブリエルに、チャンドラは自分の本を差し出し、「私は遺伝子学者で、人の進化について研究している。そして君はその証人なんだ。これを読んでくれ」と言って帰った。

チャンドラの元へやって来たガブリエルは、
「特別な存在になりたかった」「僕はもっと重要になりたかった」と聞くと、シャンドラは「君は重要な存在だよ」と答える。

ガブリエルは検査を受けるが
「異常はない。普通の人間だ。君に特別な能力はない!」
「勘違いだった。ほかの人をあたるよ」とチャンドラ。
ガブリエルは「こいつらが俺より重要なのか!」と怒り出した。
そしてブライアン・デイビスという念動力者の名前が書いてあった付箋を握り締めて帰っていった。

ガブリエルの店にブライアン・デイビスがやってきた。
ガブリエルは、修理していた腕時計のブランドを見て「ぼくはガブリエル・サイラーだ」と名乗る。
ブライアンは念動力でカップを動かしてみせ「この能力消せる?」とたずねる。
ガブリエルは「壊れてる。大丈夫、ぼくに任せろ」と殺してしまった。
サイラーは脳の中の部品が手に取るようにわかるらしい。

生まれ変わったガブリエルは、チャンドラの前で念動力を見せる。
そしてチャンドラに「未来のために超能力者を探そう」と。
新しい人生、新しい目的のために・・・

マット
パトロール中のマットは、スポーツカーに乗ったイーデンを飲酒の疑いで職務質問するが「ドーナツでも食べなさい」と催眠術にかかってしまう。
?パトカーの中でドーナツを食べていたら、同僚が「あと1時間で刑事昇進試験なのになにしてるんだ?」と注意される。

クレア
クレアの部屋に、ジャッキーが「チアリーダーになる?」とユニフォームを持ってきた。
ロリが退部したらしい。
「あの娘フットボール部の全員と寝たらしいよ」とジャッキー。
ジャッキーは「ユニフォーム着なさいよ!今着ないとクリスティにあげるわよ。やる気を見せなさいよ!」とクレアをけしかけユニフォームの取り合いになる。
はずみでクレアはガラス戸に手を突っ込み手のひらを深く切ってしまう。

チアリーダーのユニフォームを着て一生懸命練習しているときに、クレアパパが帰ってきた。
パパから「手を見せて」と包帯を取ったら傷は消えていた。

ミスターベネット
クレアが手を切り大変だってときに、チャンドラからの電話を受ける。
「私の名前はチャンドラ・スレシュ。お嬢さんのことでお話があります」

ガブリエル(サイラー)がチャンドラの部屋を出たのと入れ違いに、ミスターベネットがチャンドラを訪問する。
ベネットは「特殊な遺伝子を持っていると何か問題があるのか」とチャンドラに質問する。
チャンドラは「娘も遺伝子に異常があった。5歳で死んだ。同じ犠牲は出したくない」と答える。
「すべて解明したら世界を変えられる。未来への希望を持たせるのが娘さんの宿命だ」


ニキ
ニキは息子マイカの為にアルコール依存症から立ち治ろうとしていた。
そこに父親のハルがやってくる。
長年会っていないようで「孫や婿に会いたい」というハルだが「あなたのことを知るのが怖いの」というニキ。

ニキとDLはジェシカ・サンダースという故人の墓参り。
ジェシカはニキの姉だった。
ニキは父親ハルをDLとマイカに会わせるべきか悩んでいた。
父親は金を持っていてマイカを私立校に行かせることができるのだ。

ニキは結局父のハルを家に招く。
ハルは「孫を可愛がるのは爺さんの特権だ」とマイカにノートパソコンをプレゼント。
マイカの学費も出すという。
ハルはニキに昔かなりひどいことをしたらしいが、ニキは記憶がないらしい。

ハルはマイカの部屋に行ってみると、マイカはパソコンを分解中。
なんてことするんだ!と激高。
「おまえはほんとになにも覚えてないのか?」とハル。
俺はもう訳わからん!とばかりに小切手をおいて帰っていった。

ハルが家でくつろいでいるとジェシカがやってきた。
「パパ、あたしよ、ジェシカよ。あんたにビール瓶で殴られ首を絞められ殺された娘よ!」「残されたニキは、あんたに虐待されてた!」
「2度と現れないで!」
ジェシカは彼の口に小切手を押し込み去った。

ピーター
ピーターはアパートで看護士になったお祝いのパーティー。
そこにネイサンと妻のハイディ、母親もプレゼントを持ってお祝いに来る。
ピーターの父親はこの日リンダーマンと会合。
ネイサンはピーターに「地方検事が父の顧客のリンダーマンを起訴しろと言ってる」「やつの組織を徹底的につぶす気だ」と打ち明ける。
そうしたら父親も逮捕されてしまう。

ネイサン
ネイサンはピーターのパーティーから車で帰る途中、リンダーマンの手下に襲われるが、突然宙に浮いてしまい、助手席に妻ハイディを乗せたまま車は大破。
病院に駆けつけたピーターは「もう一台の車はどうした?」と兄に問い詰める。
ピーターは夢で事故を見たらしい。
この事故でハイディは脊髄をやられて車椅子に

ピーターとネイサンはリンダーマンについて証言する日の朝、二人の父は死んだ。
だから起訴はなくなった。
「息子たちの裏切りを、父さんは知らずに済んでよかった・・・」とネイサン。


ミスターベネットはイーデンをイスに縛って尋問中。
彼女は催眠術で、自動車泥棒、窃盗、強盗、放火などの数々の犯罪を犯し、自分勝手に好きに生きてきた。
イーデンは「わたしを解放しなさい」とベネットに催眠術をかけようとするが効かない。
しかしハイチ人の力で、能力が効かないので焦る。
結局、イーデンはベネットの言うことを聞くようになる。
彼の命令は「チャンドラ・スレッシュのリストからクレアの名前を消してほしい」



全米で社会現象を巻き起こした大ヒットTVシリーズ第5巻。現在から半年前、ニューヨークに拠点を移したモヒンダーの父、チャンドラ・スレシュは能力を持つ人間にコンタクトを取っていた。第10話「6ヵ月前」と第11話「交錯する能力」を収録。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。