第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
 第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話
 第21話第22話第23話
犬のしつけ‐TVチャンピオン 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座
1日数度のチャート・チェックでOK! シンプルで強力なFXデイトレード手法のご案内

ヒーローズ/HEROES 第15話 「暗殺者」 / Run! ネタバレ注意

クレアの秘密が明らかになりましたね。
しかし、ネイサンとメレディス、DLとニキ、超能力者同士結婚ですか。これも組織の陰謀?
ネイサンとクレア親子は本当は仲良いんですよ(笑)下に仲良し親子の動画があります。

ネイサン
メレディスは、ネイサンに娘(クレア)が生きていたことを報告する。
ネイサンはメレディスが生きていたとは知らなかったようだ。
彼女は「(選挙まであと2週間という時期に)隠し子発覚っていうのマズいでしょ」と脅す。
ネイサンは「10万ドルでどうや?」と。
メレディスも(金欲しさでネイサンに電話したようには見えないが)「いいわ」ってな返事。

ネイサンはクレアのことを案じていたが、ネイサンの母親は会わずに金を渡して終わらせるよう忠告する。

ニキ
すっかりニキの人格は閉じこめられ、ジェシカがニキの身体を支配していた。
ジェシカは、家族ごっこにイラついていた。
そこにリンダーマンから殺しの依頼

ヒロとアンドウ
ヒロとアンドウくんは、「ケンセイタケゾウ(詳細は第12話を見てね)」を手に入れるためリンダーマンの元へ向かう。
リンダーマンのホテルに潜入。
途中でホープという女性に出会う。
彼女は男に金を取られたと二人に助けを求める。
金の入ったバッグを取り戻してくれれば、リンダーマンの知り合いを紹介するという。
アンドウくんは男の部屋に忍び込み、ホープのバックを取り戻すことに成功する。

ホープはヒロとアンドウくん(ホープは中国人と思っている)をだましていた。
だまされたと気づいたヒロだが、パンチを食らって倉庫に閉じこめられる。

アンドウくんはホープに騙され二人でどこかへ。
閉じ込められたヒロは、ホープのバックを持っていた男に助け出される。

モヒンダー
モヒンダーはリストにある超能力者達に(危険が迫っていると)警告の電話をかけまくるが信じてもらえない。
留守電にはバージニア州のゼイン・テーラーという男から「助けてくれ。」というメッセージが入っていた。
モヒンダーは早速彼に会いに行く。

サイラー
ゼインの家に来たのは、「モヒンダー」と偽るサイラーだった。
ゼインになりすましたサイラーは、モヒンダーを出迎える。
サイラーは、モヒンダーに能力を見せる。
その能力とは、手をかざすだけでトースターが溶けて液体状になるなど、物質を分解するようだ。
もちろんゼイン・テーラーはサイラーに殺されていてその能力を奪ったものだった。
モヒンダーはこの特殊能力を見て感激。
サイラーはモヒンダーに協力したいと申し出る。

クレア
クレア第14話で“マナティを見に水族館に行った”というウソがパパにバレて5時以降は外出禁止になる。
クレアはメレディスに電話し、本当の父親のことを聞くと「連絡がついてパパも喜んでいた。ユーヨークからこっちに来るよ」と言う。
しかし父親に会いたいと言うとメレディスは都合が悪そうに電話を切った。

クレアは、実の父親に会いたくて再びメレディスを訪ねる
メレディスは「あなたのパパにあまり期待しないで」と忠告する。
(かなりちゃっかりしている)メレディスはクレアの写メを撮る。

メレディスのところにネイサンがやってきた。
二人の会話を窓の外でこっそり聞くクレア。
ネイサンの帰り際に車に石を投げつけた。

クレアはすっごく落ち込んで家に帰ってくる。
そしたらクレアママは、娘のことも愛犬Mr.マグルスのこともすっかり記憶が無くなっていた。
もっと悲しくなり鼻をふくらますクレア。

マット
マットはボディガードとして警備会社で働き始める。
彼が警護する男はアラン・マルスキー
ダイヤを買いに来たが、宝石店の店員の考えがマットに聞こえた。
「リンダーマンの手下が来てマルスキーはすぐに殺されるんだ」
マルスキーはリンダーマンの金を盗んで逃走中だった。
リンダーマンの刺客はジェシカ。
マットの能力のおかげで1回は逃げ延びる。
ジェシカを捕まえようとするが、ニキの声までも聞こえてしまい、犯人は二人と思いこんだマットは、結局窓から放り出され、マルスキーは殺されてしまう。

マットは屋外看板に引っかかって助かる。
部屋に戻るとマルスキーが殺されていた。
警官から「ガードマンもまともにできないなんて、もう警官には戻れないな」と心の声を聞いて、間が差したのかダイヤをポケットに。

再びジェシカ
家に戻ったジェシカにリンダーマンから次の殺しの依頼が来ていた。
次のターゲットは”ネイサン・ペトレリ”楽勝よ〜♪

今回お亡くなりになった方々 アラン・マルスキー、ゼイン・テーラー



全米で社会現象を巻き起こした大ヒットTVシリーズ第7巻。平凡な日常を送っていた普通の人々に突如備わったスーパーヒーローのような超能力。それは人類を待ち受ける巨大な運命の幕開けだった。第14話「邪魔をするもの」と第15話「暗殺者」を収録。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。