第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
 第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話
 第21話第22話第23話
犬のしつけ‐TVチャンピオン 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座
1日数度のチャート・チェックでOK! シンプルで強力なFXデイトレード手法のご案内

ヒーローズ/HEROES 第20話「5年後」 / Five Years Gone ネタバレ注意

ヒーローズ第20話は、ニューヨーク爆発から5年後の未来の話。
未来の渋くてカッコイイヒロの登場です。
黒い髪のクレアもすてきですね。
大統領執務室は「ザ・ホワイトハウス」のセット(借り物)です。

ヒロとアンドウ第19話の続き)
爆発から5年後の荒廃したニューヨーク。
ヒロとアンドウくんはニューヨークのアイザックのアトリエ。

そこに現れた未来のヒロは、5年前にサイラーがニューヨークで爆発したと説明。
部屋に張り巡らされた“時の地図”で過去の間違いが起きた時点を正確に割り出そうとしていた。
(ちなみに未来のヒロがピーターに会いに来たのは10月4日)
未来のヒロはクレアが助かったことを聞き安堵の表情。
未来ではクレアはサイラーに殺されていたからだ。
「クレアが助かったのならサイラーは不死身ではないから必ず倒せる」と未来のヒロは言う。
彼は現在のヒロに「サイラーを殺せなかったのか!」と問い詰める。
未来のヒロはサイラーを殺せなかったらしい。
3人が話をしていると、そこへマットやハイチ人、武装した特殊部隊のような部隊が現れる。
未来のヒロは「つけられたな!」とアンドウくんと逃走、現在のヒロはマットに捕まってしまう。

逃げ延びた未来のヒロはアンドウくんに5年後の状況を説明する。
能力者は国土安全保障省の取り締まりにあい、ヒロはテロリストとして追われていた。
未来のヒロは「なんとしてもヒロを過去に戻してサイラーを殺殺させる!」と凄い顔つき。
現在のヒロを助けるため、二人はピーターに会いに行く(ヒロ瞬間移動)。

未来のラスベガス
二人はストリッパーのジェシカに会う。
しかし彼女は「もう戦争は終わった」と相手にしない。
しかたなく二人はノア・ベネットに会いに行く。

二人が去ったあと、ジェシカの横にピーターが現れる。
彼の顔には大きな傷があった(第5話で未来のヒロが傷がないなと言っている)。
未来ではDLもマイカも死んだらしい。

ネイサン
ネイサン大統領になっていた。
マット達の組織のトップも彼だった。
ネイサンは大統領執務室にモヒンダー教授を呼んで意見を聞いていた。
モヒンダーは大統領直属の超能力者ご意見番みたい。

ネイサンはモヒンダーに5年前から超能力者を遺伝子操作で無力化する研究をさせていたがいい結果は得られていなかった。
この世界では特殊能力者もかなり増えてきて、人々はその未知なる力におびえているらしい。
第2のサイラーを皆恐れている。
(例として 一人の少年が酸素を吸い尽くし学校中の生徒が窒息死した・・・)
ネイサンはモヒンダーに「あと何年か経てばなんとかなるか」と質問するが無理だという回答に「プランBでいこう」と指示を出す。
(プランB:超能力者の大量虐殺・・・たぶんね)

モヒンダー
モヒンダーはアイザックのアトリエにいた。
そこにマットがやってくる。
モヒンダーは時の地図が何を表しているのか理解できた。
重要なポイントは、一つは爆発、もうひとつは10月4日NYの地下鉄
モヒンダーは思い出した。
「チアリーダーを救い、世界を救え!」

ノア・ベネット
ベネットはプリマテック製紙社で密かに特殊能力者を守る活動をしていた。
ハナも手伝っている。
そこへ、未来のヒロとアンドウくんが現れ、
「5年前ピーターにクレアを助けるように言った。だからサイラーに殺されるはずだったクレアは生きているんだろーが!」
ベネットは現在のヒロを助けることに協力する。

クレア
クレアはテキサスで能力を隠してウェイトレスとして働いていた。
髪は黒く染め“サンドラ”と偽名を使い結婚相手もいる。

ニュース速報で能力者の一斉捜査が流れている。リンダーマン法の快挙だそうだ。

ヒロとアンドウ未来のヒロとアンドウくんは秘密のアジトで現在のヒロの救出作戦を考えていた。
(DLやキャンディス、モリィは生きている?)
そこにマットが部隊を連れて突入、逮捕されそうになるが、ピーターが時を止め二人を救出。
秘密のアジトにマットが来たのはベネットの通報のおかげらしい。
二人は取引している様子。
マットの妻ジャニスや子供(たぶんマシュー)はベネットが匿っているみたい。
(マットの子供は特殊能力者?)
ヒロを取り逃がしたマットはベネットにクレアを差し出すよう銃を突きつけ頭の中を覗く。
直後に銃声・・・

再びクレア
駆け落ち直前のクレアの前に現れたマットに大統領ネイサンのところへ連れて行かれる。
マンハッタンのペトレリ家に連れてこられたクレアはネイサンと会うが、彼は、キャンディスの力を吸収しネイサンに化けたサイラーだった。
クレアは殺され、サイラーは不死身の能力を手にいれ完璧になる。

捕らわれている現在のヒロ
ヒロのところへモヒンダーはやってきた。
彼は「アイザックの描く絵は正確だがこの絵のことは現実には起きていない」最新版の"9th Wonder"をヒロに見せる。
「君は歴史を変えるために来たんだね?」
「それで何百万人が救える。当然だろ!」

ピーター達
未来のヒロは気絶したまま。
アンドウくんはピーターから5年前の爆発で死んだと聞かされる。
「楽天家のヒロが君の死で変わった。ヒロが過去に執着するのは君を助けたいんだ」

ピーターは5年前ニューヨークの爆発を起こしたが、ネイサンがサイラーの仕業だと公表した。
だから爆発を食い止めるチャンスがあるならヒロに協力する覚悟だった。

未来のヒロとアンドウくん、そしてピーターは現在のヒロの救出に向かう。
突入したビルではマット達が臨戦態勢。
ハイチ人もヒロのそばで能力を遮断中。
そのころ爆発から5年経った式典で大統領が特殊能力の治療薬に成功したと発表。
モヒンダーがヒロにその薬を注射・・・

すると見せかけてハイチ人に注射。
「これも運命らしい。世界を変えてくれ」とモヒンダー。
ハイチ人の能力遮断が消えみんなが揃ったところで、未来のヒロが現在のヒロに「過去に戻れ!」と指示する。
しかし未来のヒロはマットの銃弾に倒れる。

未来の自分が目の前で死んだことで放心状態のヒロ。

突入できず大統領に応援を頼むマット。

ネイサンは式典で集まった国民の真ん前でスコーンと飛んでいく。

ネイサンに化けたサイラーはDLの力で鉄の扉からピーターを引きずり出し、テッドの能力で一騎打ち。

アンドウくんの励ましで、ヒロとアンドウくんはテレポート。
(たぶん5年前の)破壊されてないニューヨークのデヴォーさんちの屋上に帰ってきた。
ヒロは"9th Wonder"を未来から持って帰っていて、ヒロがサイラーに刀を差すシーンをじっと見つめる。
そして「これからが本番だ!」



全米で社会現象を巻き起こした大ヒットTVシリーズ第10巻。日本人俳優、マシ・オカや『ロッキー・ザ・ファイナル』のマイロ・ヴィンティミリア、『バイオハザードIII』のアリ・ラーターらが共演。第20話「5年後」と第21話「ニューヨークへ」を収録。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。